感情のない人生のスタイル http://gargarolaw.com My WordPress Blog Fri, 23 Dec 2016 05:53:27 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.5.7 Pマーク取得のコンサルティング http://gargarolaw.com/?p=27 http://gargarolaw.com/?p=27#respond Fri, 23 Dec 2016 05:53:27 +0000 http://gargarolaw.com/?p=27 Pマークを取得する為の申請にはたくさんの時間とたくさんのお金がないとできません。なので自社取得をしようとするとPマーク取得に携わることになる多くの人たちがいた部署の仕事は滞ることになります。

その上、企業の体制を整え社員の教育なども改めて取得申請に臨まなければならないのでノウハウのない自社取得の場合ではやはり難しいものになっています。これより一般的にはPマーク取得のコンサルティングをしている企業にたのむ事が多くなっています。コンサルティング会社は今までに何件ものコンサルティングをしてきているので膨大な経験値とノウハウによって確実にPマーク取得への道のりを切り開いてくれます。

コンサルティングを頼むメリットとして、まずは会社内での仕事量がかわらないのでいままで通りに仕事を回すことができて楽をすることができます。二つ目にコンサルティングのプロフェッショナルに頼むので取得に対する知識が追いつかなかった場合でも完璧にこなしてくれます。三つ目には全体的なコストパフォーマンスのよさです。
Pマークの取得はこちらです。

自社取得をする場合ではどうしてもなれない作業が中心で取得に時間がかかってしまうので、その分社内の仕事が滞って生産性が落ちてしまいます。その損失は大きな物となってしまいますが、取得を依頼すると依頼料だけですべての事を指導して書類も作ってくれます。このように時間的に長い目で見るとコストパフォーマンスがいかに優れているかがよくわかります。

]]>
http://gargarolaw.com/?feed=rss2&p=27 0
Pマークを取得する意味について http://gargarolaw.com/?p=23 http://gargarolaw.com/?p=23#respond Wed, 30 Nov 2016 07:24:25 +0000 http://gargarolaw.com/?p=23 Pマークとは個人情報を適切に管理する仕組みを有している企業等に付与される認定の一種です。認定機関の審査を経て認定される仕組みになっており、その基準も明確であるために個人情報を取り扱う上で安全管理について最低限の仕組みがあるかどうかを見極める一つの目安として非常に有益であると考えられています。

企業にとってこのPマークを取得することはコスト面でも運用面でも非常に手間のかかることであることは間違いありませんが、それでも対外的に信用を得るための重要な手段であるという認識を持っているケースが少なくありません。個人情報を取得する企業にとってそれをしっかりと管理しているということは大前提となりますが、それを証明する手段となるとなかなか難しいというのが現実です。
Pマークのコンサルティングについてはこちらです。

その中でPマークという目に見えるわかりやすい認証制度の存在はとても役立つのです。この様な社会的な背景もあり、対外的にしっかりとした個人情報管理体制を構築し、それを維持している事業所であるということを明示するためにPマークの取得に力を入れているのです。企業にとって時間と手間、そしてお金をかけてPマークの取得を行う背景にはこの様な信頼を得る為であると言えます。この様な対外的な信頼を他の方法で得ようとする場合、より大きなコストが必要になります。その意味では最も安価に個人情報の管理体制を構築しているということを対外的に証明する手段となっているのです。

]]>
http://gargarolaw.com/?feed=rss2&p=23 0
Pマークの取得に強いコンサルティングがいます http://gargarolaw.com/?p=19 http://gargarolaw.com/?p=19#respond Tue, 08 Nov 2016 06:04:37 +0000 http://gargarolaw.com/?p=19 Pマークを取得するためには、必ず認定審査機関の審査を受ける必要がありますが、いきなり審査をすると非常に不安になるためにユーピーエフへPマークの取得を依頼することによって事前に認定審査のリハーサルをすることができます。

認定リハーサルには認定員の権利を持っているコンサルティングが対応するために認定を取得するためのリハーサルが可能です。

認定審査で不合格になるケースがある場合にはリハーサルの時点でコンサルティングからアドバイスをもらうことができます。
認定リハーサルでPマークのコンサルティング ]]> http://gargarolaw.com/?feed=rss2&p=19 0 Pマークとその取得法 http://gargarolaw.com/?p=13 http://gargarolaw.com/?p=13#respond Thu, 29 Sep 2016 23:23:40 +0000 http://gargarolaw.com/?p=13 Pマークとはプライバシーマークの略で一般財団法人日本情報経済社会推進協会の登録商標です。

このPマークは、申請をして認定された場合のみ使用することができます。

Pマークを取得するためには個人情報保護マネジメントシステムという個人情報を保護するための仕組み作って、書類と費用を一般財団法人日本情報経済社会推進協会か指定の審査機関に提出します。

指定の機関とは、「一般社団法人情報サービス産業協会」、「一般社団法人日本マーケティング・リサーチ協会」などの機関のことです。

提出した後は、申請した団体に立ち入り調査が行われます。

何も問題がなかった場合は、そのままPマークを取得することができますが、何らかの理由で一般財団法人日本情報経済社会推進協会から、改善の指摘を受けた場合は、申請を行った団体が問題の改善、報告を行い一般財団法人日本情報経済社会推進協会の審査員改善の確認を行った上で審議をします。

そしてその審議で合格となれば、Pマークを取得することができます。

このプライバシーマークを使用できる期間は、2年間です。

もしそれよりも長い間使用したい場合は、更新する必要があります。

その更新でも上記の審査を受けなければなりません。

プライバシーマークを取得するためには、書類作成や社内研修を行わなければなりません。

しかしながら、プライバシーマークを取得することにより、消費者に安心感を感じさせたり、取引先との契約を円滑にするために、多くの団体が、このマークを使用しています。

Pマーク取得サイトが一番おすすめです。

]]>
http://gargarolaw.com/?feed=rss2&p=13 0
Pマーク取得のための費用 http://gargarolaw.com/?p=9 http://gargarolaw.com/?p=9#respond Mon, 29 Aug 2016 08:53:51 +0000 http://gargarolaw.com/?p=9 最近では個人情報をしっかりと保護しなくてはならないという法律が制定されており、個人情報取り扱い法に基づき、企業はしっかりと個人情報を収集する際には適切な管理が行えるようにきっちりと教育されるようになってきました。

このようにしっかりとプライバシーを守れる称号についてはPマークと呼ばれており、多くの企業が取得するようになってきました。

さらに、Pマークを取得する際には教育などの準備が必要であったり、
様々な研修を受けることでしっかりとした対応を実施していくことも大切になってくることから、ある程度の費用がかかってきます。

そのような中で現在の日本においてはこうした費用がどんどんとかかってくるPマークの取得に向けてどんどんと費用をおさえていこうという動きが盛んになってきています。

特に最近の日本においては企業研修を実施することでたくさんの人材がしっかりとした教育を一人一人が受けることができるため、より多くの人たちがどんどんとPマーク取得に向けての知識を入手することができるようになっています。

さらに、多くの企業がこれらからの時代には個人情報をしっかりと扱うことが大切になってくる時代でもありますので、こうしたしっかりとした制度や資格を有する企業であるために従業員に対してきっちりと教育していくことも大切になってきます。

さらに日本においてはより多くの氷魚たちが様々な取り組みを実施していく中で、ユーザーに信頼される企業であるように取り組んでいます。
Pマークの費用についても確認してみましょう。

]]>
http://gargarolaw.com/?feed=rss2&p=9 0
良いコンサルティング会社にPマーク取得依頼 http://gargarolaw.com/?p=5 http://gargarolaw.com/?p=5#respond Mon, 01 Aug 2016 01:39:06 +0000 http://gargarolaw.com/?p=5 料金の安さだけでコンサルティング会社を選ぶというようなことは、どの人もしたくないはずです。それがPマーク取得となるとなおさらです。

ではいいコンサルティング会社とはどういう会社かというと、
提案してくるときに社内の問題点を的確に示してくれるところです。

つまり、提案する前のヒアリングがうまければうまいほどいい提案をしてくれます。

そしてコストだけで判断するような上司を一緒に説得してくれます。提案書がインターネットサイトに書いてあるようなことと同じで明らかに、他のところにも使っているようなものを使いまわしているのであれば、そこは提案力のないコンサルティング会社です。

Pマーク取得をお願いしたらマークの取得のみに焦点をあてて、顧客の会社の未来を考えて動いてはくれません。
それでは本当にPマークコンサルティングをしているとは言えません。

また、知識のなさも致命的になります。確かに人から情報が漏れることは多々ありますが、
今やITの情報セキュリティを強化することは情報漏えい対策の常識になっています。

こちらにITの知識がなくても、わかりやすくITセキュリティについて説明してくれるようなところだと、安心してPマーク取得を任せられます。

また、パッケージツールを提供している会社もありますが、これもおすすめできません。
確かに安くすむかもしれませんが、情報セキュリティは個々の会社の業務やサービスによって違うはずです。パッケージで収まるはずがありません。

]]>
http://gargarolaw.com/?feed=rss2&p=5 0