5936685977_dcf1b022a5_o

Pマークとは個人情報を適切に管理する仕組みを有している企業等に付与される認定の一種です。認定機関の審査を経て認定される仕組みになっており、その基準も明確であるために個人情報を取り扱う上で安全管理について最低限の仕組みがあるかどうかを見極める一つの目安として非常に有益であると考えられています。

企業にとってこのPマークを取得することはコスト面でも運用面でも非常に手間のかかることであることは間違いありませんが、それでも対外的に信用を得るための重要な手段であるという認識を持っているケースが少なくありません。個人情報を取得する企業にとってそれをしっかりと管理しているということは大前提となりますが、それを証明する手段となるとなかなか難しいというのが現実です。
Pマークのコンサルティングについてはこちらです。

その中でPマークという目に見えるわかりやすい認証制度の存在はとても役立つのです。この様な社会的な背景もあり、対外的にしっかりとした個人情報管理体制を構築し、それを維持している事業所であるということを明示するためにPマークの取得に力を入れているのです。企業にとって時間と手間、そしてお金をかけてPマークの取得を行う背景にはこの様な信頼を得る為であると言えます。この様な対外的な信頼を他の方法で得ようとする場合、より大きなコストが必要になります。その意味では最も安価に個人情報の管理体制を構築しているということを対外的に証明する手段となっているのです。